お花やディナー、プレゼントにするならテッパンです

私の場合は欲しいものをあらかじめ聞いてほしいだ。
それがだめならお花か無難なディナーが欲しいだ。

・自分の宝物
・売れている製品
・顧客の好みそうな製品
・従前ほしいといっていた製品
・入浴剤
キャンペーン色々ありますよね。

けれども私の場合はストレート条目書きにしたものを勝手に持ってこられるという、嬉しふりはしますが本当は迷惑だ。

それぞれに総計というものがあるかと思いますが、変に代物屋様で選ばれたり手作りのかざりだったり中途半端なものは邪魔になるので困ります。
それなら洗いなどのお日様設備をもらったほうがずーっとありがたいです。

座敷は宝物しか置きたくないという考えを持っているので、最も好みでないものは自分の座敷に入れたくないとしてある。
従前、うる星人物場合が好みだといったらフィギュアを貰った事がありました。
いいえ、そんな訳じゃないんだけど…といったおもってひどく困りました。
当然専門のお店に出しました。

逆に有難い製品、ほしいものはお花やディナーなどの絶えるものです。
ただディナーの場合、既製配慮に限ります。

お花はどこにでも飾れますし、ちょこっとお座敷におけるだけで明るくなります。
自分では何だか購入しませんが、人から貰うと著しく楽しいので記憶にもらったり、気持ちを報ずる時折最適としてある。

またディナーも同様にうれしいです。
殊更友だちが手みやげで持ってきてくれたり、小さな謝意に焼き菓子を貰ったりすると気軽に受け取りやすいのでちょうどいいかと思います。
好みでなければリサイクルも出来ますし。

それでも何がほしい?と聞かれるのがベスト意思が楽です。
意思を使われて高めものを買い求めるのも不満ですし、そういった縁のお客には「今度のお茶代奢ってくれるのがベスト楽しい!」で済むので、ボクは聞かれたい派だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です