同性でもついつい胸に目がいってしまう女性のチャームポイントも時代と共に変わってきた

胸の大きい人に会うと、同性でもついつい胸に目がいってしまいます。

体全体が太めの人だとそんなに意識はしませんが、太っていないのに胸が大きい人には女性らしいフェロモンが出ていると思います。

以前は外国人の方が胸元の大きくあいた服を着ているのをテレビでよく見ることが多かったのですが、最近は日本人の女性も胸の谷間が少し見える服を着ています。

以前は目のやり場に少し困っていましたが、今はポピュラーになってきたので、さほど気になりません。

私の友人は60代ですが、ご主人が12才年下なのに、いつもラブラブです。

羨ましい限りです。

なぜ彼女がいつまでも若々しいのかなと不思議に思っていたのですが、最近彼女の胸が大きいことに気がつきました。

姿勢もよくて、いつも明るくて元気いっぱいです。

近所にも胸の大きい女性がいますが、やはり姿勢がきれいで元気がよくて、はつらつとしています。

胸の大きい女性は姿勢がよく見えるし、ボディに自信があるので、堂々とした頼もしさと、女性としての魅力、セクシーさとをあわせ持っているから好感がもてるのではないかと思います。

ちなみに、胸が大きくても姿勢が悪く、元気のない人は胸の大きくない人よりも元気がないように見えてしまいます。

顔のきれいな人はどうしても顔に目がいってしまいますが、そうでない人の場合は、胸の大きさが勝負の分かれ目だとさえ思います。

近所の美容師さんに聞いた話ですが、最近は顔よりも胸を整形する人が多くなってきたそうです。

女性のチャームポイントも時代と共に変わってきたのでしょう。